postheadericon 始まり

白い花

葬儀は原始時代から人間が行っていた行動で、大昔の遺跡にはその形跡が明確に残っていました。
当時はまだ仏教やお寺や火葬と言うような発想はありませんでしたから、屈葬と言うただ体を丸めた形で洞窟内へ安置する方法で葬儀が行われていました。
今の葬儀は死んだ人の為では無く、生きている人の気持ちに区別をつける為に行っていますが、昔の葬儀は死者の魂を閉じ込めて封印すると言うような呪術的な要素を含んだ儀式だったとされています。… Read more

postheadericon 方法

草

実際に葬儀を行う事になれば、非常に大きな時間とお金がかかる事になります。
まず、病院で死亡が確認されれば、そのまま葬儀社へ連絡して一般的な葬儀か家族葬か直葬かを選択する事になります。
一般的な葬儀だと、葬儀社と様々な事について打ち合わせをします。
その間医師には死亡診断書を明記して貰い、完成と共に受け取ってそのまま斎場へ向かいます。
実際に式のセッティングは全て葬儀社側で行ってくれる為に、手配者はそのまま市役所へ死亡診断書を提出しに行く事になります。
市役所へ診断書を出せば、そのまま火葬許可書を受ける事が出来ます。これがなければ遺体を火葬する事は出来ないようになっていますので、注意して下さい。
また、火葬許可書を貰ってもまだ安心してはいけません。ここから銀行巡りをする必要があります。
死んだ人の口座は凍結されてしまう為に、出来れば事前に手配してお金を他の口座に移したりする必要があります。
でなければ、凍結されてから解除しようと思えば非常に時間も手間もかかりますから、早め早めに行動しなければいけないのです。
更に、基本的に葬儀にかかるお金は全て現金払いとなっており、前金が必要な事がほとんどです。
葬儀社側は依頼者に代わって様々な業者と対応する事になる為に、そちらへお金を支払う必要があるから前金が必要なのです。
ですから、今すぐに支払えるお金が10万円以上、そこから10日以内に300万円~30万円程度は支払えなければいけない事になります。… Read more

postheadericon 変化

ろうそく

葬儀や家族葬の方法等もその地域の風習によって変化しますから、自分の住んでいる土地や地元のやり方についてある程度知っておく事も大切になっています。
1番大切などはその故人の意思となっていますから、故人が希望する式を上げる事も必要です。
しっかりと準備してあたふたしない式が出来るように、そして金銭状況も考えて無理しない範囲で対応できるようにする事も大切です。
Read more

メニュー
オススメリンク
最近の投稿
カテゴリー
アーカイブ